新築住宅の床面へのフロアコーティングの魅力

住宅の床面は、長期使用すると劣化が進んでいきます。
傷や染みといった汚れが目立つ為、外観上も汚く見えてしまいます。



綺麗に維持したい床にフロアコーティングを行う事で、長期間、床を美しく維持管理する事が出来るのです。
フロアコーティングを施工するとランニングコストも良い魅力があります。

新築の住宅を建てる場合には、予めフロアコーティングを施工しておくと新築の床面の状態を維持出来ます。コーティングには、膜厚がある為、傷が付きにくい効果を有します。

また、子供がジュースを床にこぼしたり食べ物を落としても床の素材に汚れが染み込んでいきません。
布で綺麗に拭き取る事が出来る為、掃除も手間要らずになる魅力があります。


フロアコーティングした床面には、光沢や艶が出る為、光の反射で室内全体が明るくなるメリットもあります。フロアコーティング自体は、施工すると10年程効果があります。後々、効果が薄くなってきた 場合でも再度、コーティングし直せる魅力があります。



子育て世帯の住宅などは特に床面が汚れやすいです。

床面へのコーティングを施す事で、美しい床で生活する事が出来るのです。

床のワックス掛けも必要無くなる為、コスト的にも非常に魅力的です。



住宅以外の店舗や施設の床にも施工される事が多くなっています。


以上、長期的に清潔な床面を継続していくには、コーティングはとても魅力的な手法です。
様々なプラス効果もある点もメリットとなっています。