フロアコーティングとは

フロアコーティングとは、フローリングなどの室内床を傷や汚れからガードするためにバリアコートを施すものです。
透明な液体を塗付して、乾燥した時点でフロアコーティングは完了します。



コーティング材料の種類は、溶剤系もあれば水性のタイプもあります。
コーティングは透明な仕上がりですが、完全に無色透明なものもあれば若干の飴色を帯びた透明になるコーティング剤もあります。
艶は100%艶有りのタイプから艶消しのものまで用意されています。



フロアコーティングのメリットは、傷が付きづらくなって床材の寿命が延びることです。

フロアコーティングをしなくて将来床材の取り換えリフォームをする費用と比較してみた場合、長期的なランニングコストは安価に収まるのでお得と言えます。それ以外にも掃除が簡単になって、毎日のメンテナンスにかける時間が少なくなるなどの利点もあります。



フロアコーティングの種類ですが、いちばん安価なものは水性のアクリルコートで耐久性は2年程度です。

欠点は被膜の硬度が1H程度なので、傷からの保護が充分でないことです。


?あたりの施工単価は1、000円程度です。

ウレタンコートは耐久性が5〜10年程度です。


硬度は3H、?施工単価は2、000円くらいです。

シリコンコーティングは塗膜の硬度が3〜5Hほどで、寿命は10〜15年くらい、価格は?あたり3、000円ほどです。
最高級のコーティング剤としては、ガラスコートとUVコートがあげられます。

ガラスコートの硬度は7H〜9Hでいちばん硬い塗膜になります。

耐久性は15年から25年くらい、?価格は3、500円から5、000円程度です。UVコートは硬度7H、耐久性は20〜30年、費用は?4500〜5、000円ほどです。